ゆにちゃんの 整体ブログ   【 流れるまんま】

  http://ameblo.jp/unity-man/

                          

                     整体おたくのゆにちゃんからみた

                       日常の気付きのブログです。

「ゆにちゃん便り4月号」 ()
季節の移ろいと共に変化していく体。 この季節には、体はこんな風になり、こんな異常を起こしやすい、だから、こんなことに気を付けてください。 みたいなメールマガジンを、毎月配信してます。 もうかれこれ7年くらい続けているのですが、これをアメブロにも毎月、15日に配信予定で、転載していこうと思いました。 「私、直接メルマガ登録したい」という方は、二宮式前田整体ホームページからメッセージくださいね(^o^)/ では、4月号の転載です! 新しい命が芽吹き、鮮やかなお山の中、可憐な藤の花が季節のうつろいを
>> 続きを読む

温めるセルフケア ()
  「後頭部の温湿布」 <やり方>後頭部の盛り上がったところの少し上を温める。タオルが冷めたら、熱いお湯でぬらして絞り、再び当てます。時間:大人10~40分  子ども4~6分 <効用>高熱が出て39℃を超えた時に後頭部を温めると熱が一気に上がり、その後す~ッと下がる。首にかいた汗を冷やして引っ込ませた時(首の汗の内攻は、脳こうそく、脳溢血、のど痛、めまい、急激な視力の低下などの原因になっていることが多い)
>> 続きを読む

肩甲骨の動きをよくするセルフケア ()
1.水掻き(みずかき)を摘まんで弾く <目的>肩甲骨の動きは骨盤の動きと連動しているので肩甲骨の動きをよくする。リンパの流れ。睡眠の質の向上。 <やり方>はじめに息をたっぷり吸い込み、息を吐きながら、脇の下に親指を当て、他の指は脇の下の後ろ側の筋肉(水掻き)を摘まんで弾く 2.ペンギン体操 <目的>肩甲骨上辺の眼の血行を支配する、胸椎1~3番の3側という筋肉を刺激し、目の疲れと肩甲骨の動きをよくする。睡眠の質の向上。 <やり方>手指を思い切り開いて地面を押さえるような形を作り、この手を外
>> 続きを読む

「部分のみの丈夫は全体をこわす」 ()
「部分のみの丈夫は全体をこわす」 月刊「全生」 平成30年4月号より転載前文略 人間の体は、唾液が余分に出ればよいとか胃液が余分に出ればよいとか言っても、体の自然のバランスで自然に出ているからよいのです。それを熱だけ下げようとか、小便だけ出るようにしようとかいうようなことを思念して出したとしても、体としてはバランスを破ることになるのです。 今はそういうことが流行っている。胃袋が丈夫ならよいとか、心臓が丈夫だからよいとか言う人がいますが、心臓が丈夫だからよいということはない。心臓に応じた丈夫さがな
>> 続きを読む

「ゆにちゃん便り」やってます。 ()
季節の移ろいと共に変化していく体。この季節には、体はこんな風になり、こんな異常を起こしやすい、だから、こんなことに気を付けてください。みたいなメールマガジンを、毎月配信してます。もうかれこれ7年くらい続けているのですが、これをアメブロにも毎月、15日に配信予定で、転載していこうと思いました。「私、直接メルマガ登録したい」という方は、二宮式前田整体ホームページからメッセージくださいね(^o^)/では、3月号の転載です!お山では霜が朝露に変わり、つくしが顔を出し、川辺は菜の花の可憐な黄色い花びらが春
>> 続きを読む

風邪(インフルエンザも含む)を引いたときの整体的過ごし方 ()
【風邪の時の整体的過ごし方】 ①まず、様子を見てていいかどうかの判断方法です。 一息四脈を診る。 →4脈の場合  様子を見てていい。  風邪の引き初めには足湯が有効です。  →2脈や6脈の場合  体がイレギュラーな状態で注意が必要です。 ②それから風邪を上手く経過させるための気を付けておきたいポイントです。  □お薬は飲まない(熱は出し切れば下がるので頭も冷やさない)。  □足元をポカポカにして過ごす。   →風邪の引きはじめは足湯が有効です。  □水分をしっかり摂る。  □食欲のない時は食
>> 続きを読む

youtube ゆにチャンネル第11回「感情と足の重心と姿勢の話」アップしました! ()
整体情報チャンネル「ゆにチャンネル」をアップしました!今回は、感情が足の重心や姿勢に影響を与えているというお話です。 第12回と第13回は、本編の第11回のお話の捕捉です。結構、マニアックなお話ですが興味深いです! 今回も、アシスタントの松本さんの回答がいい感じで炸裂です(笑) ↓↓よかったら、続きでご覧になってくださいね。 ※ここでお話していることは、体験を元になぜだかは分からないが何人観てもそうなっている、もしくは、そうなっていることが多いと言うお話であり、医学的な根拠に
>> 続きを読む

ぼくらはみんな生きている♪ ()
野口晴哉先生のお言葉を引用します。以下、引用 「生は信ずベ可(べ)きものだ」 みなさんは、お考えになったことがありますか、「自分は何故生きているのだろうか」と 生きているから考えるのです。生きているから感じ、又動けるのです。生きていることがいつも先です。 人間の裡(うち)には欲求するものがあります。それが人間を動かしているのです。しかし、何故人間は欲求するのか、生きているからであります。欲求だけが生きていることに直接連なっているのです。考えも感ずることも、又動くことも欲求によってあるのです。 皆
>> 続きを読む

当日予約も大歓迎!!  

ビビッときたらお電話ください      

お問いあわせ・ご予約

    080-1461-0365